小児矯正 画像

小児矯正

小児矯正 画像

現代の子供のあごは以前に比べ小さい傾向があり、それにより歯が並びきらないケースが増えています。矯正治療では、歯並び・あごの形・生活習慣などを改善することで、きれいな口元と、正しいかみ合わせを実現していきます。特に小児矯正は、あごが成長途中であることを活かして、歯の並ぶ土台とあごを整えていきます。

異常サイン

  • - 指しゃぶり
  • - 歯ぎしりをする
  • - 口での呼吸が多い
  • - お顔の左右のバランスがよくない
  • - 出っ歯、受け口など
  • - 発音、滑舌がよくない
  • - 乳歯と乳歯の間に隙間がなく、ぴったり並んでいる
  • - 食事中、片方のあごで噛んでいる、口の開きが小さい、時間がかかる

矯正を始めるタイミング

早期発見、早期予防が理想です。

6〜7歳前後(永久歯の前歯と奥歯が生えてくる)が基本的な目安ですが、個人差も大きく、あごの変形が強いケースなどでは幼児のうちに一度ご来院をお奨めしております。基準となるのはあくまで歯の状態ですので、3歳から治療を始めるケースもあれば、中高生で小児矯正をするケースもあります。

当院では「いま矯正治療が本当に必要かどうか」の診断も含め、一人ひとりのお子様に合わせて、最も効果的な時期をアドバイスしております。骨格の不調和を放っておくと、後々不調和が更にひどくなってしまいます。何か心配なことがございましたら、なるべく早めにご相談ください。カウンセリングは何回でも無料ですのでお気軽にいらしてくださいね。

矯正を始めるタイミング 画像

小児矯正のメリット

  • 1. 発音、滑舌、食べ方、飲み方を整えることができる
  • 2. あごやお顔のバランスを整えることができる
  • 3. 虫歯、歯周病、顎関節症、口臭などの予防になる
  • 4. 永久歯を抜かずに、キレイな歯並びにできる可能性が非常に高い
  • 5. 永久歯が生え揃ってからの矯正が簡単、短期、あるいは不要
  • 6. 費用が安く済む可能性が高くなる
  • (後に永久歯の矯正が必要な場合でも、小児矯正にかかった費用を差し引いております)

お母様、お父様へのお願い

子供のちょっとした癖、生活習慣は、大人になってからの歯並びやお口の健康にまで影響します。私たちがしっかりサポートいたしますので、どうか日常生活面をみてあげてください。もし困ったことがあれば、何でもご相談くださいね。

親子で歯磨き

お子様の歯磨きの後、仕上げの歯磨きをしてあげてください。

磨きにくいところなど、当院で指導いたします。