インプラント矯正 画像

インプラント矯正〜最先端の治療技術

最先端の治療技術

ほっぺた側の奥に埋入した症例 上顎に埋入した症例 画像

ほっぺた側の奥に埋入した症例

上顎に埋入した症例

矯正治療の間だけ一時的に、とても小さなインプラント(骨となじむチタン製のピン)をあご骨に埋入し、それを支点にして歯を引っ張るという最先端の治療技術です。痛みはほとんどなく、安全で確実な治療が行えます。これまで難しかった症例の治療が可能となり、また症例によってはより精度の高い治療結果と、治療期間の短縮が可能となりました。

従来の歯列矯正は奥歯を支点として他の歯を引っぱって歯を並べるため、奥歯まで動いてしまわないように歯に対してかける事ができない力の方向があります。インプラント矯正はその支点を歯に求めず、完全に固定されたインプラントを支点とするため、自由な方向に力を発揮させることが可能となりました。つまり動いてほしい歯だけが動いて、動いてほしくない歯は動かないということです。

従来の矯正治療の場合、治療内容によっては、ヘッドギアなどの協力が必要で、これにより動いてほしくない歯を動かないように抑えます。ただ、仕事をしながらの生活で、なかなか使用する時間がないことも多く、動いてほしくない歯が動いてしまい、満足した結果が得られないこともありました。これを解決するのがインプラント矯正です。

メリット

  • ・ 症例によっては、抜歯の必要が無くなる
  • ・今まで手術をしなければならなかった症例の一部が、手術なしで矯正が可能
  • ・矯正治療の最後の微調整にかかる時間が短縮される

施術方法

歯を失った場所に埋めるデンタルインプラントとは異なり、施術も非常に簡便です。痛みや出血はほとんどなく、15分ほどで終わります。当日は痛み止めを飲んでいただきますが、通常は翌日には痛みません。

  • 1. 埋入部位に通常の歯科局所麻酔を少量施します。
  • 2. 歯ぐきの切開はしません。専用の器具でインプラントを埋入します。(1本あたり30秒〜1分)

また、矯正治療が終わりインプラントを除去する際も、ほとんど痛みはなく短時間で済みます。インプラントが入っていた穴は1日ですぐにふさがります。