CLINIC
院長ブログ

こんにちは!メープル矯正歯科の山口です。

今回は、矯正歯科医院でも導入が進んできた口腔内スキャナーという機械についてお話していきたいと思います。

まずこの口腔内スキャナーのお話をする前に、矯正歯科では治療前の診査・診断用の資料として石膏模型というものを作成しています。患者さんの口腔内の模型を、石膏という彫刻などでも用いられているセメントの様なもので作成します。その模型を基に、噛み合わせや矯正装置のポジションなどを確認していきます。この模型を作成するために口腔内の歯型取りを行う必要があります。印象材というペースト状のものを上下の歯列よりひと回り大きいトレーにいれ、口の中に入れます。その状態で印象剤が固まるまでしばらく待っていただくのですが、嘔吐反射など、患者さんの負担が大きい工程になります。

では口腔内スキャナーとは実際どの様なものかと言いますと、先端に小型カメラが取り付けられた棒状のもので、口腔内の写真を連続的に撮影していきます。その大量の画像を基に、機械上で口腔内の模型を3Dのデジタルデータとして作成しています。そのため、口腔内スキャナーがあると、放射線被ばくのリスクもなく、大変な歯型取りの作業を省くことが出来ます。また、模型データも瞬時にできるため、診断までの時間が短縮できるという事も患者さんにとってメリットになります。

また、最近ではこの口腔内スキャナーと共に3Dプリンターも高性能なものが出てきています。口腔内スキャナーで撮影した模型のデータを石膏模型の様にプリントアウトすることも可能なため、口腔内で使用するための技工物なども作成することも出来ます。

口腔内スキャナーを用いて精巧なデータを採得し、しっかりとシミュレーションすることで精度の高い治療を行えると共に、患者さんともデータ上で治療のイメージを共有できるという非常に多岐にわたるメリットがあります。自分がどのような歯並びになるのか不安に思いながら治療を開始することも無くなるため、治療が終わってみてイメージと違ったという感覚の差も軽減できるのではないかと思います。

矯正治療で使用する装置や道具は日々この様に進化しています。より良いものを導入し、使用できるように当院も努めていますので、何か不安な事やわからないことなどある場合はいつでもご質問ください。

PREV